Up to me

自分らしくジャニヲタしてます。自分らしく生きてます。ただのひとりごと。

グリーンマイル 感想【ネタバレあり】

 

本日11月8日、グリーンマイル千秋楽を迎えました。

加藤シゲアキさんはじめとする出演者の方々、スタッフさん本当にお疲れ様でした。

すばらしい舞台をありがとうございました。

私も一公演行けることができ、この目でグリーンマイルを観ることができ、本当にうれしく思います。 シゲアキさんかっこよかった…。

 

千秋楽を迎えたということでネタバレを含む感想を書きます。嫌な方は戻るボタンをお願いします。

 

 

 

 

 

前回のグリーンマイルの感想の時(グリーンマイル 感想【ネタバレなし】 - Up to me)に、友達から舞台の当選の報告を聞いたあとグリーンマイルの映画を見たと書きました。 私は映画見た時、舞台だとどうするんだろうというところが4点ありました。

1つ目は、コーフィの悪いもの(黒いもの)を出すシーン。

2つ目は、ネズミが出てくるシーン

3つ目は、女性が出てくるシーン

4つ目は、死刑をするシーン

 

1つ目のコーフィの黒い悪いものを出すシーン。映画はCGみたいなので口から黒いもの出す感じで、CGが使えない舞台どうするのかなと思って見ていたら、壁に黒い影みたいなのが出てきて、音ともに真っ暗になるという感じの演出でした。この演出と音の使い方には単純になるほど、すごいなと思いました。

本当に舞台ならではの演出で、でも映画の世界観を崩していなくて、ここの演出には感動しました。

 

2つ目のネズミのシーンは、ネズミはエアでやるのかなとか、まさか本物の生きてるネズミが出てくるの?とか、いっそのことネズミ自体出てこないのでは?とか、いろいろ考えていました。

舞台では本当にネズミが出てきて(もちろん人形みたいなものでしたが)これにも驚きました。どうして私は人形という選択を考えていなかったんだ(笑)しかも動くんですよ!そのネズミ!!!え!動く!!!映画のネズミが出てきたすごい!!という感想でした()ネズミの動きでみなさん笑っていました(笑)

 

3つ目の女性が出てくるシーン

映画ではポールの奥さん、所長の奥さんが主に出てくる女性で、とくに所長の奥さんはコーフィの能力にとても関係する方で、女性の方が出てこない舞台ではどうするんだろう?書いてないだけで女性が出演するのかな?と思ったら、なんとまあ男性でした(笑)まさかの男性が女性役をやってました(笑)ちなみに、ポールの奥さんは出ていません。あの、映画見ればわかるのですが、所長の奥さんめちゃめちゃ綺麗なお方なんですよ!!いや本当に!!舞台だけでグリーンマイルってこういうのか〜と思ってる方、舞台のあと映画見てびっくりしないでください(笑)めちゃめちゃ綺麗な女性なんですよ!!!それを知った上で舞台観たからすごい変な衝撃受けた(笑)そこまで男性にこだわらなくても…(笑)もし、舞台での所長の奥さんが本当に女性で出てたらポールの奥さんも出てきたのかな?なんて思ったり。。。舞台にポールの奥さんが出ていたら…。ポールと奥さん映画ではキスするんです…おうふ。。重要なシーンではないので、初めからないかなぁと思っていたのですが。両方の奥さん役の女性がいなくてよかったのかよくなかったのか(笑)いや〜ここだけは、ちょっと?!と思ってしまいました(笑)申し訳ない(笑)

 

4つ目の処刑のシーンは、もちろん電気通すところはやるわけではないけど、第二スイッチオンと言ったあと、音とともに真っ暗になる演出は舞台ならではだなと思いました。舞台では2回処刑のシーンがあったが、1回目のデラクロアのスポンジ濡らさない時の処刑のシーンの音と、2回目のコーフィの処刑のシーンの音が違ってて、音だけで想像できて、なんていうか、舞台ってすごいなと思いました(語彙力)

まさか、デラクロアのスポンジ濡らさない処刑の結構なシーンのあとに幕間があるなんて(笑)あれ?ここで??って思いました本当に(笑)タイミングがいいっちゃいいのだと思うけどww

ちなみに、映画でのデラクロアのスポンジ濡らさないあの処刑のシーンは相当なものでした。なんだかちょっとトラウマになるんじゃないかと思うレベルのグロさというか怖さというか可哀想というか、そんなシーンでした。

いくら死刑囚といえ、デラクロアっていうところも悲しいし、マウスビルなんてものはないって言ってから布を被せられるのも可哀想すぎるし、それからのあれだからもうなんか。なんか。。

もちろん舞台ではなかったのですが、映画では電気を通されているときのシーンで、パーシーがデラクロアから目をそらしているところを、ポールが「お前がやったことだ、しっかり見ておけ」みたいなことを言うシーンがあります。私はそのシーンを見てポールって言う人は強いななんて思いました。1番衝撃を受けるちょっとトラウマになるレベルのシーンですが、嫌いなシーンではないんですよね。

 

そして次に、私が舞台の中で個人的に好きだったシーン。

それはコーフィが刑務所から外に出て所長の奥さんを治しに行くときの車の移動のシーンです。ポールとコーフィの会話は主にポールが質問して、コーフィはわかりません、覚えてませんなどとしか言ってなかったのですが、なんかとてもいいシーンで。印象的で。ここのシーンでポールの感情も動いたのかなって。勝手に思いました。本当に語彙力ないから伝えきれないのが悔しいのですが。

星の演出も綺麗で、音も綺麗で、本当の星空みたいで、ああ綺麗だな、素敵だなぁと思いながら見ていました。

演出、台本が女性の方だからか、全体的に本当にとても綺麗で美しい舞台だったなと思いました。

 

また、ポール、ブルータス、パーシーの3人でコーフィの事実、事件の事実について話しているときに、幽霊となって出てくるウィルアムがなんとも気味悪くて(笑)いい意味で気味悪くて不気味で。看守3人が本当に見えてない演技をするので、私は最初自分の目がおかしいのでは?え、私が幽霊見てんのか?とか思ってしまいました。笑  1人の観客を騙すほどの演技。笑(もちろんいい意味で)

やはりシゲ含めみなさんの演技が本当に素晴らしかった。

もう、途中からシゲがポールにしか見えないし、把瑠都さんがコーフィにしか見えなかった(笑)把瑠都さんのコーフィすごいあってた!!コーフィ誰がやるのかずっと気になってて、映画は黒人で体めっちゃでかいし、そんなのボビーオロゴンかボブサップぐらいしかいないんじゃない?って思ってて(笑)キャスト発表されたとき、最初は力士!?ってびっくりして、ちょっと不安もあったけど、もうコーフィだった。把瑠都のお芝居見て、コーフィに合うのは把瑠都さんしかいないなと思いました。

 白人黒人は関係ないですよね。映画見てて、コーフィ黒人なの知ってたのに、舞台での白人のコーフィ、全然気にならなかった。むしろいろんな方のグリーンマイルの感想のブログを見てて初めて気づいたくらい、違和感なかったし全然気にならなかった。本当にそれほどあってました。

 

本当に、初めて観劇した舞台がグリーンマイルでよかったと心から思います。

初めて観る舞台は絶対自担がいいと思っていたので、それが叶って本当にうれしく思います。もう1か月も前のことなのですね。

シゲの舞台のために生きようなんて思っていた9月、10月。千秋楽なんてまだだと思っていたのに。時の流れって早い。

 

シゲアキさん、他の出演者の方々、ゆっくり休んでください。

 

またシゲアキさんの生のお芝居が観れることを楽しみにしています。

 

素敵な舞台をありがとう。