Up to me

自分らしく生きる。

「君がいた夏」と「バタフライ」

 

タイトルから察したと思いますが、超今更の話をします。

 

君がいた夏』と『バタフライ』

 

(『君がいた夏』は「ONE - for the win -」のカップリング曲として収録されていて、『バタフライ』は「KAGUYA」のカップリング曲として収録されています。)

 

『バタフライ』は『君がいた夏』のアンサーソングと聞いて、歌詞分析をしざるを得なくなりました。

 

君がいた夏』は「僕」と「君」が夏を共に過ごし、夏の終わりに別々の道へ歩き出すというストーリーです。

 

僕はいざ旅立つ 都会の喧噪へと

ふたりは別々の道を歩き出す 

 

そして『バタフライ』は「わたし」が「あなた」を想い、帰りを待つストーリーです。

 

海辺にそっと咲いた 純白のユリの花

あなたの帰りを待つように

 

私が注目したのは「君」と「僕」と「わたし」と「あなた」です。

君がいた夏』の「君」は『バタフライ』での「わたし」そして「僕」は「あなた」

 

わたしはこの歌詞を

「君」=「わたし」

「僕」=「あなた」

となると考えました。

 

 

『バタフライ』の最後に「君は羽ばたいた バタフライ」という歌詞があります。『バタフライ』の中で「君」が出るのは、歌詞の中にあるカギカッコと、この歌詞のみです。

 

「大丈夫、おやすみ 頑張っている君が好き」

 

これはきっと、『君がいた夏』での「僕」が「君」に言っている、いわゆる『バタフライ』での「あなた」が「わたし」に言っている言葉だと思います。ですが、「君は羽ばたいた バタフライ」にはカギカッコがありません。この歌詞の「君」は一体誰のことなのでしょうか。

私はこの歌詞は『バタフライ』の「あなた」が「わたし」に(『君がいた夏』の「僕」が「君」に)言った言葉だと思いました。『君がいた夏』の「君」も「僕」も2人とも羽ばたく。そういう意味なのではないかと思います。なので、この歌詞の「君」は『君がいた夏』の「君」(『バタフライ』の「わたし」)になるのではないかと思いました。

私はここで思いました。「わたし」やら「君」やら「僕」やら「あなた」やら、一人称が多すぎてわけがわからない。笑

 

何を書いているのか、わからない。

 

 

「君は羽ばたいた バタフライ」

 

この歌詞の「君」は誰のことなのか、誰かご意見があれば教えてください。

 

 

以上私の勝手な歌詞分析でした。

 

 

最後に

これだけは言わせてください。

この二曲は本当にいい曲です。それだけは胸を張って言えます。

 

よかったら聴いてみてください。